障害者就労支援のサービス淘汰について【考察】

WORK

前から書きたいと思っていた内容を今回記事にしました。

うまく書ける自信はありませんが、自分が今思っていることを少しずつ言葉にしていこうと思います。

先に結論を申し上げると、障害者就労支援のサービスは、利用者にとって真に有益で良質なサービスが残るべきだと考えています。

これまでの経験から障害者就労支援のあり方について考えてみました。

スポンサーリンク

今回の記事テーマのきっかけ

障害者就労支援を今回のテーマにしたきっかけ

去る2019年8月28日付け日本経済新聞朝刊の「私見卓見」というコーナーにNPO法人AlonAlon理事長の那部智史さんという方の寄稿が掲載されました。

じつはその記事に大変共感し、素晴らしい取り組みであると思ったため、障害者就労支援について再考したいと思いました。

「重度障害者の就労手助けを」という見出しのその記事では、自分の就B実習やこれまでの経験で、一度は感じたことが大変わかりやすくまとまって言語化されていました。

実際にAlonAlonは、就労継続支援B型事業所の運営をされていて、コチョウランの栽培と販売を通して利用者の方に工賃を支払っています。

一部を紹介させていただきます。

就労継続支援B型事業所(就B)という福祉施設がある。主に企業に就職することが難しいとされた障害者が働く作業所だ。ここで働く障害者には工賃が払われるものの、最低賃金は守られず、月額1万5千円(全国平均)にとどまる。障害者年金と合算しても生活保護の受給額にとどかない。就Bの運営を改善し、障害者が経済的自立を果たすように後押しすること。それを就B事業者の目標とすべきではないだろうか。

2019年8月28日 日本経済新聞朝刊より引用

冒頭部分を引用させていただきました。

具体的な数字や具体例を示しながら大変説得力がある内容の記事でした。

就B実習で体感したソーシャルワーク実践

就B実習で体感したソーシャルワーク実践

自身の精神保健福祉士の現場実習では、就労継続支援B型事業所と精神科病院にそれぞれ14日間ずつ行きました。

ほんの短い期間でしたが有意義な経験で、印象に残った出来事がたくさんありました。

就B実習で自分自身が気づいたことをご紹介します。

私の実習先は、精神科に通院されている方をおもに受け入れている事業所でした。

実習初日から気付かされたことがあり、それはすべての場面において、スタッフの方が利用者の方の自己決定を尊重している点でした。

それまでの自分は、どこかスタッフが利用者の方を先導しまとめるようなイメージを持っていたのだと思います。

現場では朝のミーティングから外出の行き先プラン、それぞれがその日に取り組む作業まで全て利用者の方が中心になって決定し一日が回っていました。

PSWは完全なサポート役でした。

ときに利用者の方の相談に乗ったり必要な支援は行いますが、ご本人のやる気を押し上げる、ご本人の夢や希望などを具体化する手助けをするなどのソーシャルワーク実践を目の当たりにしました。

利用者の方と話をすると、「1人暮らしがしたい」「仕事に就きたい」と具体的な夢や目標を言葉にする方がいたのも印象的でした。

PSW はそんな利用者の方たちの目標を達成に近づけるための支援をされていました。

幸いなことに私はこの実習先で、利用者本位の支援に出会うことができたと思っています。

まさに自分の理想とするソーシャルワークが実践されている現場でした。

スポンサーリンク

利用者本位のサービスが提供されるために

しかし一方で、見聞きしたことや作業所の実情に詳しい先生のお話、支援費不正請求や就A一斉解雇などの事件報道を通して、障害者就労支援のサービスの質はバラバラ、利用者の囲い込みの実態などについて知るようになりました。

当然のことですが、就労支援は利用者中心に支援が行われるべきだと思います。

支援費不正請求や囲い込みは利用者本位からはかけ離れています。

さらに付け加えると、就労支援の場は意欲のある利用者にとっては通過点であるべきだと思います。

中途半端な知識や雇用者の都合で、働く意欲のある利用者にそこが居場所と思い込ませとどまらせるようなことはあってはなりません。

先の記事から、最も力強さを感じた箇所を紹介させていただきます。

たとえ重度の知的障害者であっても、経済的な自立は可能である。私たちの団体ではコチョウランを栽培し、慶弔花として企業に販売することで障害者に最高10万円の工賃を支給している。今年新たにふたりが企業への就職を決めた。これからも「コチョウランの栽培を通して新たな労働力を創る」ことを目標にしていきたい。

2019年8月28日 日本経済新聞朝刊より引用

10万円という支給実績を出されているだけに大変説得力があります。

一方で、一部の事業所が質の低いサービスを提供しているのは関わった利用者の方にとっては大変不利益なことです。

就労支援は1人1人の人生に深く関わる仕事です。

利用者が希望を持てるような、良質なサービスを提供できる事業所が生き残るべきだと思います。