病院を変えたいといわれたときの対応例【精神科・メンタルクリニック】

WORK

地域で精神保健の相談を受けていて「(精神科・メンタルクリニックの)病院を変えたい。どこかいい病院を教えてほしい」というような問合せを受けることがあります。

対応に正解はありませんが、今の時点での考えや対応例をご紹介します。

スポンサーリンク

「いい病院」が万人にあてはまるわけではない

まず最初に、「いい病院」というのは一概に「ここが地域で評判のいい病院です!」となかなか紹介できるものではありません。

というのも、その人にとっていい病院かどうかを他人が決めるのはかなり困難なためです。

Aさんにとっていい病院が、Bさんにとってもいい病院とは限りません。また主治医との相性もあります。

ときには情報提供として、その分野に通じていたり、ご自宅から通いやすそうな病院を挙げることはありますが、先の説明をした上でお伝えします。

短期間の転医はおすすめしていない

精神科の薬の調整は、最低でも数カ月から半年単位で時間がかかるものです。

数回通ってみたものの回復が感じられず、でも早く治りたいし、別のところに行ってみようかな、という気持ちは十分に理解できます。

しかし、短期間に転医をくり返すことはおすすめしていません。

薬に関して思うことが、あればそれを言葉にして主治医に伝えるのがいいと思います。

実際に薬を飲むのは本人なので、当たり前の話ですが副作用だったり効果だったりは結局のところ本人にしかわかりません。

本人のフィードバックを通して、主治医のほうでも本人の状態を把握できてその後の治療方針につながります。

と、ここまで書きましたが最後に一点。

(主治医と)どうしても人として合わない。。

というのであれば転医の選択はありだと思います。

必ずしも合ってる必要もないと思いますが、どうしてものときは。

最終的にはご自身で決めることになりますが、単なる情報提供で終わらせるよりかは、転医をくり返す前に相談者さんにお伝えしたい内容でした。

体験談

マイナビ介護職

マイナビが運営する転職エージェントサービスです。精神保健福祉士の求人も豊富です。

個人のヒヤリングを元に、希望に沿った求人を紹介してもらえるシステムです。専任のキャリアアドバイザーがついて、アドバイスがもらえました。